温度・湿度の管理が難しい!!

公開日: : 最終更新日:2014/06/30 ウェブログ

北海道は朝晩がだいぶ寒くなってきて、
先日には、市内の手稲山でも初冠雪が記録されたり、
実際に気温が1桁台にまで下がっていることもあって、
なおさら文鳥たちの体調管理がシビアになってきました。

やはり当初から懸念していた温度管理の面で不安があって、
ヒーター(株式会社マルカン、保温電球)を購入し、設置して対処しているものの、
今度は湿度面で不安が出てきたので、また要調査だ・・・と。

最近になって普通にストーブをつけるようになりましたが、
これが湿度に大きく影響する要因となっており、
FF式ストーブは室外への強制排気なので室内が乾燥しやすい。
一方、ポータブルなら室内へ排気するので水分も一緒に室内に放出され、
ありがちなのが冬場の窓の結露の原因になるとか、保湿?には一役を買いそうだが、
排気という面がちょっと気になる(何よりも窓の結露ベチャベチャが一番イヤ)。

ということで、個人的には、文鳥 温度・湿度管理プロジェクト を発足・・・したつもり。
先週末には、ヒーターをつけた状態でゲージにカバーを掛けるだけでどれだけ保温できるかやってみた。
PICT7261.JPG


Sponsored Link

1.カバーを半掛けだけ
結果としては、室温20度環境において、プラス4度。
ゲージ内でも上下で温度差があると思われるが、
卵がある巣箱付近の高さでは温度計通りの気温に達しているものと思われる。
これだけでここまで変化があるとは思っていなかった。

2.カバー全掛け
布をいくつか使って、ゲージがすっぽり覆われるようにカバーを書けた。
窓側には使い古しのバスタオルを掛けてある程度、冷気を遮断。
結果としては、室温20度環境において、プラス10度、という結果になった。
暑い!?
ヒナには良いかな・・・

しかし・・・問題点が!
中がカラカラなのである。
湿度が30%を切っているのだ。
ヒナは育たないだろう。

当然といえば当然なのだが、湿度低下はあらかじめ想定していたので、
濡れタオルをゲージ内のヒーター近くに掛けておいた。
測定開始直後には湿度が50%程度にまであがっていたので安心したのだが、
数時間して(寝る前に)確認したところ、そこから20%も低下・・・。

温度調節もさることながら、湿度調節の方が難しい!!と痛感・・・。


Sponsored Link

関連記事

no image

さぶ〜・・・・

11月ともなると、朝晩の冷え方が厳しくなり、 昼夜の温度差にちょっとやられ気味・・・。 最近は仕

記事を読む

ショートカットキーをカスタマイズしてみる

マインドマップ作成でものを言うのが、マップを書いているあいだの操作のしやすさである。思考をマップに落

記事を読む

no image

我が子はるちゃんも、もう3歳。 今年の4月からは幼稚園。 「パパ」ということで絵を書きました。

記事を読む

no image

仕事始め

ついに仕事始め。 やはり年明け早々忙しい・・・(クスン 明日はもっと忙しくなるかな・・・

記事を読む

大ゴジラ特撮展@池袋サンシャイン

本日は富士山の予定を中止してしまいましたが、翌週に予定していた(子供と約束していた)、池袋で開かれて

記事を読む

no image

ついにわが家に文鳥が!

ついにわが家に文鳥がやってきた!! 金魚を死なせて以来、ペットは飼うまいと決めていたが、 わ

記事を読む

no image

コスッタ・・・

パジェロミニで内輪差でこするか?フツー。 しかも自宅駐車場。 俺ってばバカ・・・

記事を読む

no image

間を空けすぎた

日記しばらくサボっていました。 間を空け過ぎました。 忙しかったことと、精神的にあまり安定し

記事を読む

no image

第二回群馬

群馬に来て3日目。 今回の出張はそこそこ順調で、来た甲斐があった。 ずっと高崎のアパホテルに滞在

記事を読む

no image

外為取引開始〜!

新日本通商の外為オンラインで口座を開いて、 早速、外為取引を開始してみました〜。 と

記事を読む



文鳥ブログ ふたたび!

以前も文鳥に関するブログは書いていたのですが、 諸事情により中断してしまったことがありました。 でも決して、飼っていた文鳥が死んだとか逃げたとかではありませ

ミドリガメ
ミドリガメを飼っています

我が家では、「トト」という名前のミドリガメを飼っています。 ホームセンターのペットショップで買ってきたミドリガメの子どもです。 飼い始めてから3

no image
WordPressデバッグモード切り替え方法

WordPress のデバッグモードの切り替え方法。 プラグインの追加やカスタマイズによるエラーや動作がおかしいがなかなか原因がつかめない場合に、デバッグモー

no image
ServersMan@VPS (Entryプラン)にWine環境を構築する(その1)

当サイトにお越しくださいましてありがとうございます。 今回は、Linuxデスクトップ上でWindowsアプリケーションを稼働させる環境、Wineを導入します。

no image
サムネイル生成でエラー

プラグイン Regenerate Tumbnails を使って一括サムネイル生成をしようとして気が付いた問題。 The resize request wa

→もっと見る

PAGE TOP ↑