副鼻腔炎、蓄膿症の対策と治療法

公開日: : ウェブログ ,

年が開けると、花粉症の人にとっては恐怖の花粉が飛び交う季節に入ります。くしゃみ、目のかゆみ、喉のかゆみ、鼻づまり…症状は多様です。
そもそも花粉症は、吸い込んだ花粉を体が異物と認識して排除しようとして起きる体の仕組みが、過剰に反応することにより起きる症状です。
従って、花粉を吸い込まなければ発症しない原理にはなりますが…。日常生活の中で、花粉ゼロの暮らしを送ることはほぼ不可能であり、マスクをつけて吸い込む量を最小限にし、花粉症対策メガネを付けてガードしたりと、症状を最小限に抑える努力が続けられているわけです。
そういう私は、東京に出て来て3年。花粉症の症状は比較的軽い部類に入ると思っています。ただ、北海道で暮らしていた10年間は、5月6月になると花粉症を発症し、副鼻腔炎なのか、蓄膿なのか、そのような症状も併発して苦しんでおりました。
昨今では、お隣の中国から嫌がらせとも取れるPM2.5も襲来しており、私の場合はむしろそちらに反応している気もします。小さな頃からアレルギー性鼻炎持ちで、副鼻腔炎の症状は東京に来てからもなおも続き、十数年のお付き合いです。
ではなぜ、こんなに辛い思いをしているにもかかわらず対策をしないかといえば、1、2か月我慢すれば過ぎ去る辛さだから。
しかし、先日、驚きの出来事が…。仕事中に書類を落としたために、前かがみで拾い上げたところ、粘性の極めて低い汁が片鼻の奥から流れ出てくるのを感じました。気づいた時には時すでに遅し、黄色く濁った汁が書類の上にボタボタッ!
触って見ると、ベタつきがありました。
おそらくこれは、副鼻腔炎や蓄膿症で見られる黄色い鼻水の原液かと…。確かに鼻づまりの日々。鼻の気道と服鼻腔を繋ぐ経路がアレルギー性鼻炎で腫れ上がり塞いでいるのです。経路が塞がれることで、服鼻腔に雑菌が溜まりやすくなり、炎症を起こす。それが原因で老廃物が排出できずに副鼻腔炎を起こす、そういうメカニズムです。
発症してしまったら最後、そのシーズンの対策は、薬で鼻炎を抑えて服鼻腔の経路を塞がないようにするのみ。
正しくは、発症する前の1月2月から、薬で対策する必要があります。
市販の薬も良いですが、専門の耳鼻科にかかることをお勧めします。
みなさんも、私のような『黄色い』事件に見舞われる前に、是非、対策をして見てください。

Sponsored Link

関連記事

ハードディスク

ハードディスクを分解した。 中の円盤はこんなにキレイ・・・

記事を読む

no image

体重は70キロ台キープのままですよ!

しばらく更新をさぼってしまいました!これまでCoreServerで運用をしていたのですが、コスト高の

記事を読む

no image

雪!

朝、目覚めたら雪!! おおっ!8時半!? えっ!? 遅刻!? 大急ぎで支度。 わが子は

記事を読む

XMindにマーカー(アイコン)を追加する方法 その1

XMindとFreeMindを比較して大きな違いと思うことのひとつに、独自のマーカー(アイコン)を追

記事を読む

天気いいなぁ

天気いいなぁ、ということで新札幌、シェラトン。 別に遊びに行ったわけでもなく泊まりに行ったわけでも

記事を読む

no image

掲示板スパム

先週までなんどか、掲示板スパムにやられていた。 あまり更新頻度が高くない掲示板にはやってくるのか?

記事を読む

no image

改めて、わが家の文鳥です (写真なし)

改めまして、わが家の文鳥のご紹介です。 まだ写真が上手く撮れないので、今回は写真抜きでのご紹介。

記事を読む

no image

東京出張

出張で東京に来ますた。 30日には帰札予定。 今回の出張はほとんど自由時間が無く、 一日中拘束

記事を読む

円山動物園

今日は朝から円山動物園。 9時半前に円山に着いてそこから駐車場には入れるまで40分待ち・・・。

記事を読む

no image

台湾台北

2泊3日の台湾出張、行ってまいりました。 現地は雨、雨、雨、スコール、雨が降っていましたが、 殆

記事を読む



文鳥ブログ ふたたび!

以前も文鳥に関するブログは書いていたのですが、 諸事情により中断してしまったことがありました。 でも決して、飼っていた文鳥が死んだとか逃げたとかではありませ

ミドリガメ
ミドリガメを飼っています

我が家では、「トト」という名前のミドリガメを飼っています。 ホームセンターのペットショップで買ってきたミドリガメの子どもです。 飼い始めてから3

no image
WordPressデバッグモード切り替え方法

WordPress のデバッグモードの切り替え方法。 プラグインの追加やカスタマイズによるエラーや動作がおかしいがなかなか原因がつかめない場合に、デバッグモー

no image
ServersMan@VPS (Entryプラン)にWine環境を構築する(その1)

当サイトにお越しくださいましてありがとうございます。 今回は、Linuxデスクトップ上でWindowsアプリケーションを稼働させる環境、Wineを導入します。

no image
サムネイル生成でエラー

プラグイン Regenerate Tumbnails を使って一括サムネイル生成をしようとして気が付いた問題。 The resize request wa

→もっと見る

PAGE TOP ↑